住宅見学会の当日に慌てない!あらかじめ質問事項は整理しておく!

住宅見学会の当日に慌てない!あらかじめ質問事項は整理しておく!

住宅見学会に伺う前には、事前に質問事項をまとめておくことが欠かせません。
大勢の来場者を抱える見学会では、1人当たりに割り当てられる時間に限りがあるのが普通なものです。
事前にポイントを絞った質問をまとめておかなくては、意図する内容を問い合わせることが出来ないのです。
住宅見学会で問い合わせる内容には、構造に関する質問が多く見られます。
どのような工法で造り上げているかや、どのような素材を用いているかなどを、見学会の席で問い合わせていくのです。
見学会の会場によっては、大工さんが作業をしている姿を眺められるところも存在しています。
職人の方が、どのような感じで家造りを行っていくのかを見極めることも、見学会の際に判断するべき重要なポイントとなります。
丁寧な仕事であるかや、情熱や拘りを持って仕事に取り組んでいるかについてを、細かく見極めていくことを心掛けましょう。
住宅見学会の際には、アフターフォロー面についてを確認しておくことも欠かせません。
長きに亘って暮らす以上、些細な問題であっても柔軟に対処してもらえることが大切となるからです。

住宅見学会に参加する時のポイントを明確にする

工務店等は、ハウスメーカーと異なりモデルハウスを所有していない例が非常に多いです。
このようなときには、住宅見学会等を催すことが少なくありません。
住宅ばっかりっていうのは、実際に人が住んでいる住宅に見学をお願いすることです。
その住宅自体は、その工務店の建築した住宅ですので、それほど問題はありません。
事前にアポイントメントを取っておくことで、住宅見学会になりそこに参加する人はその住宅の特徴などを見ていくことができます。
結果的に、魅力的な建物であることに気がつくかもしれません。
逆にデメリットなどもあります。
実際にそこに住んでいることにより、生活感が出てしまうことかもしれません。
そのような点を差し引いたとしても、そこに参加するだけの価値があると言って良いでしょう。
実際に参加している人も多く、それをきっかけにその工務店に住宅の建築をお願いするといった例もあります。
それ故、そこに参加する事はとても良いきっかけになることは間違いありません。

著者:小山田房夫

筆者プロフィール

福井県福井市生まれ。
住宅見学会のスタッフ。
見学会に関する情報を発信しています。