デザイン?間取り?仕事の丁寧さ?住宅見学会でチェックすべき部分とは?

デザイン?間取り?仕事の丁寧さ?住宅見学会でチェックすべき部分とは?

これから家を購入したいと考える人に、是非おすすめなのが住宅見学会への参加です。
住宅見学会は既に建物が完成している家や建築途中の家やハウスメーカーや工務店が建てたモデルハウスなどを、実際に見学して自分の家づくりに活かすことが出来る機会です。
住宅見学会には家づくりのプロであるハウスメーカーや工務店のスタッフが、もちろん常駐していて様々な説明を聞くことが出来ます。
見学会に参加することが決まったら見学をする前に、質問したいことや相談したいことをまとめておくと後から聞けばよかったと後悔することがなくおすすめです。
自分達の家づくりで参考にしたい点、例えば間取りやデザインについて詳しく質問することやつくる側の仕事が丁寧に行われているのかをチェックすることも大切ですが完成見学会の場合には既に入居後のオーナー様に質問する機会があります。
その場合にはハウスメーカーや工務店を選んだポイントや、実際に暮らしてみて快適に暮らせているのかどうかをチェックしておくと良いです。
理想だけではなく、現実はどうなのかをしっかりと事前に知っておくことがとても重要です。

住宅見学会では担当者との相性を確かめることも大切

住宅見学会では、担当者との相性を確かめることが欠かせません。
理想的な住環境を構築する上では、細部に亘ってまで理解してもらえる担当者であることが大切となるからです。
住宅見学会では、モデルルームを元に工期や予算の説明を行っていきます。
資金面を中心に考えていると、イメージ通りの家屋が施工されないことも珍しくありません。
長きに亘って暮らす以上、細かな部分に到るまでを拘りたいのが普通でしょう。
家族の要望に到るまでを柔軟に汲み取ってもらえる担当者であるかを見極めることが大切です。
住宅見学会を紹介するサイトには、多数の施工会社が紹介されています。
殆どの会社では、無料で住宅見学会に参加することが可能となっています。
気に入ったモデルを見かけた際には、気軽に相談に伺うのが良いでしょう。
見学会では、担当者との相性を確かめるのと共に、アフターフォローの面を確認しておくことも大切です。
新築で建てた住宅であっても、歳月が経過すると節々に劣化が見られていくのが普通なものです。
些細な問題であっても、迅速な対処を行える事業者であるのかを確認しておくことが大切です。

著者:小山田房夫

筆者プロフィール

福井県福井市生まれ。
住宅見学会のスタッフ。
見学会に関する情報を発信しています。