住宅見学会に参加して理想的なマイホームを実現!ここで基本的な知識を紹介します!

このサイトでは、住宅見学会を有意義に過ごすためのポイントを紹介しています。
まずは見学会に臨む前に勉強して身につけておきたい基本的な知識について紹介しています。
次に、知りたいことを確実に知るために、予め質問を整理しておく大切さについても紹介します。
そして最後は、限られた時間を有効に使うため、見学会でチェックすべき部分について解説します。
デザインや間取り、仕事の丁寧さなどどこを見れば良いか分かります。

住宅見学会に参加して理想的なマイホームを実現!ここで基本的な知識を紹介します!

住宅見学会に行く段階なら、住宅に関する専門知識を身につける必要はありません。
とはいえ、漠然と見て回るだけでは欲しい情報は得られないので、ある程度目的を決めて行くと良いでしょう。
目的が決まれば、住宅見学会に行くべきタイミングも分かります。
各メーカーの話をじっくり聞きたいなら、営業マンが多くいる土日に行くのがおすすめです。
ただし土日はイベントが行われたりして混むことが多いので、自分の目と足でじっくり見て回りたい人は平日が狙い目となっています。

そもそも住宅見学会とは何か?その目的や役割を知ろう!

住宅見学会とは、実際に人が住んでいる家を見るイベントのことです。
リアルな暮らしぶりやインテリアを見学するのが目的で、将来の自分の家をよりイメージしやすくなります。
家族構成を当てはめてどんな雰囲気になるのか、どこに何の家具が置けるのか想像しやすくなります。
住んでいる人から話しを聞くこともでき、家造りのポイントやこだわりなどの情報を仕入れられるのがメリットです。
見たものを参考にして設計を変えたり、設備を整えたりする役割りもあるのです。
見学会には不動産会社の担当者が同席してくれるので、比較的何でも質問出来るような状況となっています。
家具を入れた状態での広さや生活動線などもチェックすることが可能で、内装つくりの役に立ちます。
気になった設備があれば標準装備なのか、追加で工事をしたのかも聞けます。
季節を問わず快適に過ごせるのか、光熱費はいくらくらいなのかリアルなことも聞けるのは住宅見学会ならではです。

住宅見学会では実際に何を公開しているの?どんな情報を収集できる?

住宅見学会はいくつかのタイプがあります。
まず最も一般的なのは完成現場見学会です。
これは家具の入っていない新築住宅を公開するもので、新築住宅の機能や雰囲気を知ることが可能です。
家具がない状態ですので、床や壁などをチェックして質問することができます。
次にオーナーの住宅見学会です。
これはそのメーカーの住宅に住んで生活している家庭に訪問するものです。
新築とは違い、家具が入っているので生活スペースの広さを把握できます。
本当に必要なリビングやベッドルームの広さはなかなかわからないものです。
オーナーの生活を見ることが重要な参考資料となるでしょう。
またオーナーとの対話によって、実際の断熱性能や光熱費を知ることできます。
冷暖房の費用は住宅の性能に左右されるものですから、オーナーが教えてくれる数字は大きなヒントです。
最後に構造現場見学会があります。
これは住宅の骨組みが見える状態のままにしたもので、住宅の堅牢性が確認できます。
完成した住宅では見えなくなっている柱や梁、筋交いを見ることが可能です。

住宅見学会のメリットって何?参加者と主催者それぞれの立場で説明します!

住宅展示場に展示されている大手のハウスメーカーでは住宅見学会を行っていることがとても多いのです。
参加者にとっては、そのハウスメーカーが実際にどういった住宅を建てているのかということを身近に体験できるという大きなメリットがありますし、中には数十年前に建築されて今もメンテナンスを行いながら住んでいるという住宅を見せてもらうこともできるのです。
こういった昔に建築された住宅を見せてもらうことによって、自分が数十年後も安心して住み続けることができるかどうかということも視野に入れやすくなります。
主催者側は、ハウスメーカーで契約する際に住宅見学会を開催すると、1回ごとに報酬が出るということを説明されて開催するかどうかを選択することができるのです。
住宅見学会の開催を許可すると、ハウスメーカーから連絡が来て日付や時間などを打診されるということから始まって、どのくらいの人数が来るかなども事前に知らせてくれるので、その日は自宅にいて、自分の体験談を話すことで報酬が受け取れる仕組みとなっています。
見学者にも主催者にもメリットがありますので、こういった見学会には参加しておくことがおすすめです。

住宅見学会への理解をもっと深める!構造見学会との違いも理解しておこう!

注文住宅で家づくりを始めると、色々な情報を集めてからモデルハウス見学に出かける人も多いといえます。
また、依頼先のハウスメーカーなどが住宅見学会を開催していて、それに参加できるチャンスもあるので家づくりの基本や参考などのためにも参加されることをおすすめします。
ちなみに、住宅見学会はモデルハウスを利用したり実際にお客さんがいるお宅を利用するなどいくつかのケースがあるのですが、これは主に完成している家を見学してハウスメーカーのこだわりや特徴を掴むことができる有意義な時間になるものです。
お客さんがいる家の見学は、施工主となる顧客の許可を得て完成した段階での見学になるため、住宅展示会場にあるモデルハウスと比べると規模が一般的で、自分たちが目指す家づくりの参考になるなどのメリットもあります。
これに対して構造見学会は、建築中の住宅を見るもので床材や壁材などが未設置になっていて家の重要な構造を実際に目にすることができます。

著者:小山田房夫

筆者プロフィール

福井県福井市生まれ。
住宅見学会のスタッフ。
見学会に関する情報を発信しています。
福井で住宅見学会に参加する